Moritani With Industry Since 1901 ISO14001 (Head Office, Osaka & Nagoya)

レーザードップラ車速計

アクト電子株式会社

速度ゼロからの高精度計測、速度0.001km/h、距離0.02mmの高分解能

LaserDoppler0.jpg

レーザードップラ方式により走行する車両の車上から、速度と移動距離を非接触で高精度に測定する車速・移動距離計です。
レーザードップラ方式による非接触測定のため、パルス発生器などでの測定で起こる滑りや空転・摩耗等による測定誤差を一挙に改善し、対地速度と移動距離の高精度測定を実現します。

自動車用アプリケーションページはこちら

お問い合わせは

特 徴

LaserDoppler0.jpg

  • 非接触計測で車輪の滑りや・空転・摩耗の影響なし 
  • 速度ゼロから高精度に計測可能(再現性0.05%以内) 
  • 高分解能(速度0.001km/h、距離0.02mmの基本分解能) 
  • 測定距離変動幅は±80mm以上で路面の凹凸や雨、雪、氷等さまざまなところで測定が可能 
  • GPSは使用しないため屋内での計測も可能
  • 付属のアプリケーションソフトで、各種試験に対応した効率良い測定やデータ収集が可能
  • 従来法と比較するための速度出力、移動距離のパルス出力を装備
  • 燃料流量計からのパルス入力端子を装備、既存の流量計との組み合わせにより高精度燃費計としても使用可能

用 途

LaserDoppler5.jpg

【加速・減速試験】

  • 発進加速試験(SS400,SS1000)
  • 追い抜き加速試験(ACCEL Test)
  • ブレーキ試験(MFDD Test)
  • ABS 制動試験(ABS Test)
  • リピート測定(指定回数を自動計測)

【一般走行性能試験】

  • 速度軌跡・移動距離表示及び FFT 解析

*アプリケーションソフト標準添付

【システム構成】

LaserDoppler2.jpg

【取付け例】

setting.jpg

 主な仕様 : MODEL 2532A / MODEL 1521N

 【ドップラセンサ:MODEL 1521N (500mm)

測定速度範囲 : -250~+250km/h 又は -5~+500km/h (SF=0.8 の時)
測定距離(焦点) : 500mm ±80mm 実績:約 200mm
測定確度 : ±0.1%以内 当社条件による 繰返し再現性:±0.05%以内
レーザ出力 : 半導体レーザ:780nm 出力:40mW 最大(クラス 3B)

 【信号処理器:MODEL 2532A

表示/速度 : -250~+250km/h 又は -5~+500km/h 10 進 7 桁、最小分解能:0.001km/h
更新レート : 2ms
表示/距離測定範囲 : 0.001 ~ 999999.999m 表示分解能 :1mm
速度電圧出力 : 16bit D / A 出力
出力電圧:0 ± 4V フルスケール任意設定 確度:±0.5%以内
ピッチ出力 : A,B90°位相差出力
ピッチ間隔:0.1~1000.0mm(0.1mm 分解能) 出力形式:オープンコレクタ出力
外部入出力端子 : 外部表示器出力、外部スイッチ入力、燃料流量計入力(オプション)
外部表示器(オプション) : 速度・移動距離、時間等の測定値及び演算結果を表示
外部スイッチ(オプション) : スタート・ストップ等の制御スイッチ
燃料流量計入力(オプション) : 0-5V ロジック入力 又は 接点入力(オープンコレクタ / パルス入力)
周波数範囲:0~10kHz 設定範囲:mL /p、g/p
インターフェース : USB
電源 : DC10V~30V、 又は 付属 AC アダプタによる
外形寸法・重量 : ドップラセンサ : 90(W)×40(H)×140(D) (突起物含まず) 約 0.6kg
信号処理器 : 160(W)×42(H)×101(D) (突起物含まず) 約 0.5 ㎏

メーカーサイト ] [ カタログ.pdf

お問い合わせは